未経験の業種に仕事を変えるのは?

未経験の業種に仕事を変えるのは簡単ではないイメージが強くありますが、実際問題いかがでしょうか?導き出された結論からいいますと異業種への転職は簡単にかなうものではありません。経験者と未経験者の2人が残った場合、採用担当者は経験がある人を選ぶことが多いです。ただ、どうしても出来ないというわけではないので、頑張り次第では転職がかなうかもしれません。
望ましい転職理由としては、まず、転職を希望する本当の理由を検討してください。
ダイレクトに伝えるという訳でもないので、率直に、書きだしてみましょう。その次にはネガティブな印象にならないように、それについて表現の方法を変化させます。転職する理由が長いものだと言い訳だと受け止められてしまうので簡潔にするようにしましょう。35歳転職限界説はよく聞かれますよね。これは35歳以上になると転職することができなくなるというものです。いまだにこのような説が吹聴されていますが、本当に、そうなのでしょうか?実のところは、35歳転職限界説は、今では当てはまらなくなっています。
今ではどの会社も生き残るために懸命に努力していますから、年齢だけで不採用にしている場合ではないのでしょう。
無職の期間が長い場合、転職しづらいかどうかは、職に就いていない間に、何をしていたかにより、変わってくるのです。
前職を辞めてから職業訓練校に通って資格を取っていたり、転職に有利な行動をとってきたのなら、面接を受ける際に話すことによって逆にプラスの印象を持ってもらうことができるでしょう。

Contents

HOME

未分類

↑ページの上部へ戻る

Copyright(c)35歳を超えた私は転職できないのか?. All rights reserved.