転職のアドバイス、あてにならない?

転職の際に、家族に話すことは大切なことでしょう。ただし、アドバイスがほしい時には、今の仕事の状況の詳細を知っている同僚に話してみてください。ともに働いているからこそできるアドバイスがあるはずです。
職場の人が信じられない場合は、転職したことのある友達に相談してもいいでしょう。
当たり障りがないだけでなく、マイナスイメージを植え付けないというのが、転職理由を考える時に最も大切なところとなります。
人間関係、職場の待遇への不満などが原因で退職する人も大勢いますが、人間関係を修復することができずに退職したと人事側は考えてしまうので、どうしてもあなたの第一印象が悪いものになるでしょう。
転職の履歴書に、前職の会社の名前や勤務年数のような工夫のない経歴を記入するだけでは、それを読む採用担当の方に今までしてきた仕事を知ってもらうことはできないのです。
どのような部署でどのような仕事を行い、どんな成果が残せたのかやスキルを身につけたなどの説明を足すことで、人事担当者の目に留まりやすくなるでしょう。私は、正社員に合格できない理由については本人にあると考えています。志望するその企業で働き、どんな役に立てるのかが明確に決まっていないため、志望理由が抽象的すぎて、面接でも印象に残らないのでしょう。
反対に、やりたいと強く思える仕事が見つかって、熱意をぶつけたら、学歴も関係してくるかもしれませんが、正社員として合格する確率は、アップすると考えます。

Contents

HOME

未分類

↑ページの上部へ戻る

Copyright(c)35歳を超えた私は転職できないのか?. All rights reserved.