やっぱ正社員だよねー。

仕事を選ぶに当たって、正社員をを希望することは今も昔も変わりません。
正社員の良い点は安定した給料をもらえることです。
保険やボーナスの観点からも大きな利点があるのです。ただ、実際には正社員でない方が得する仕事も多数あって、どっちが良いかは一概にはいえないでしょう。
転職を考え中の方は、希望する転職先で必要な資格はどんな資格かを考え、万全を期して資格を取っておくのが有利かもしれません。
面接の時、有利になることも多々ありますし、資格手当をつけている企業では資格を持っていることが大切な証拠ですから、取っていない人は積極的に取得しておきましょう。労働時間が長いという理由で辞職した場合は「生産性を考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいがなく辞めた場合は「新しい環境でさらに自らを成長させたい」と変えておくと印象が悪いものになりません。転職ってむずかしいですね・・。
転職理由がネガティブだったとしても表現を変えれば、ポジティブなものになるのです。
履歴書に記載する場合は、150文字から200文字程度が望ましいでしょう。明確なビジョンも持たずに大学を卒業して職を探そうとしても、希望の職に就くのは困難です。
それが原因となって仕事に夢を持てずに辞職してしまい、転職するも、また退職するという悪循環にはまってしまいがちです。
適職に一歩でも近づくためにも小さい頃からこれだという夢を持ち、努力することが大事です。行き詰る事もあると思いますが、がんばりましょう!