転職で給料が上がるものなのか?

転職活動の際には、どのようなことを心がけたら給料アップにつながるのでしょうか。
これまで経験した仕事や得意なこととかこれからのスキルアップについての見込みなどを具体化して就職先の企業にアピールすることです。
相手側を説得できるだけの自己アピールが可能ならば、給料を上げることも簡単でしょう。転職する動機は経歴書での選考や面接での場でとても大切です。相手にわかっててもらえる正当な原因がなければ「だめだわ、こいつ」、という印象を持たれてしまいます。
でも、前の職を辞めた原因を聞かれても相手に伝わるように話せない人も決して少数派ではないはずです。
ほぼみんなが履歴書の記入時や面接時になぜ前職を辞めたのかの説明がうまくいきません。
転職時に求められる資格というのは、専門職以外は特に多くはないようですが、取得している資格が有益に働くという点では、やはり、国家資格が有力なようです。
とくに、土木・建築関係では建築士が持つ「業務独占資格」と言われているそんな資格を持たないと実際の業務にはつけないという職も多いので、狙いやすいのかもしれません。転職の履歴書の中に前職の会社名や勤務年数といった簡素な経歴を書いているだけでは、それを読んだ企業の人事担当者にこれまで行ってきた仕事をわかってもらえません。
どんな部署でどのような仕事をしてきて、どういった成果が残せたのかやスキルが身についたなどの説明を記入することで、注目されやすくなります。